投資用物件のアパートローン返済相談

収益物件・投資用マンションのローンが払えない 自己破産 競売

収益物件・投資用マンションのローンが払えない

近年、一般のサラリーマンが不動産投資をする「サラリーマン大家さん」が流行しています。

 

ワンルームマンション投資

 

中古の1棟アパート・マンション投資

 

土地から購入して新築のアパート・マンションを建築する投資

 

将来の不安から不動産投資に興味を持ち不動産会社からも勧められて多額の借入をして投資物件を購入しています。しかし、当初の計画とは違う収支となり投資開始の時から持ち出しとなるような方もおられます。

 

◆節税対策

 

◆将来の年金として

 

◆家賃保証があるので安定収入

 

その他

 

節税対策といっても購入初年度は優遇はありますが、2年目以降は節税対策とは言い難い状態になります。将来の年金と言ってもローンの返済が終われば家賃は全額収入になりますが築年数等で空室リスクが高まります。家賃保証(サブリース)は、空室率上昇・築年数経過等で家賃保証の減額がありトラブルが社会問題になっています。

 

 

「不動産投資に失敗したら売却すれば大丈夫!!」は、間違いです。

不動産を購入する際、

 

「払えなかったら(失敗したら)売却すれば大丈夫」

 

という方がいます。残念ながら不動産の購入を勧める不動産営業マンも営業トークで使う場合があります。

 

これは大きな間違いです。

 

一般的に投資物件は、利回りが良い状況の時は売却する事は考えずに所有し続けます。そして、空室率が高まり収益性が低くなると売却を考えます。しかし、残念ながら収益性の低い投資物件は思った通りの価格で売却する事はとても困難です。

 

投資物件を売却する時に重要な事の1つに利回りがあります。空室状態・空室率の高い物件を売却するには利回りを上げるためには売却価格を下げなければなりません。しかし、売却価格を下げるとローンの債務額の完済ができなくなる可能性が高まります。

 

不動産投資に失敗して投資物件を売却する場合は、ローンと売却価格の差額を補填する現金を用意しなければならない時があります。この現金が用意できないと売却する事を諦めてしまい金融機関から競売申し立てられてしまうという最悪の結果になってしまいます。

不動産投資に失敗しても大丈夫。任意売却で解決しましょう。

不動産投資で失敗して売却ができなくても諦めないで下さい。融資先と交渉して任意売却で投資物件を売却する事ができます。ご自宅を所有している場合は投資物件の融資額によっては自宅売却をしなくても済む場合もあります。不動産投資=競売・自己破産と諦めずにご相談下さい。

リスケジュールは早めの相談

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

問合せ