老後破綻

あなたは大丈夫ですか?老後の住宅ローン返済。

定年退職後・老後の住宅ローン返済は年金収入では足りない・埼玉

「老後破綻」あなたはご存じですか?

 

老後になって住宅ローン返済等が原因で破産する高齢者が急増している事をテーマにした番組を2014年にNHKが放送してから書籍・週刊誌の特集として扱われるようになりました。

 

老後は年金生活で夫婦で悠々自適な生活を送ろうと夢を描いている方が多くいると思います。

 

しかし、その描いていた夢は瞬く間に崩れていく事があります。

 

老後破綻を招いてしまう高齢者の多くは30代・40代の働き盛りのときに想定していた事が様々な事情により計画通りにならなくなっているケースが殆どです。

 

例えば、会社の倒産・リストラ・病気・離婚等で人生設計が狂い始めてしまいます。

老後、年金での住宅ローン返済は要注意

老後、年金収入・アルバイトの収入では住宅ローンは払えない

住宅ローンは年金生活前に完済すべき

 

老後破綻になってしまう方の多くは収入は年収が160万円以下、月の収入が13万3千円以下で生活保護の基準よりも低い収入の状態か、又は現収入に見合わない支出がある場合です。

 

生活保護以下の収入であれば生活保護を受給すればと思われますが、持家(資産)があると生活保護の受給対象外になってしまいます。

 

この収入で住宅ローンを返済しながら生活するには無理があります。又、現収入で問題なく住宅ローンの返済ができていたとしても、病気・怪我等で医療費等の予定外の出費があると返済不能になってしまいます。

 

返済が困難になってしまいそうになった高齢者の中には、固定資産税・管理費・修繕費等を後回しにして住宅ローンの返済を優先してしまう事も多くあります。この行動は大きな間違いで解決の道の障害になってしまいます。

どのような人が「老後破綻」になっているのか

リストラ・退職金減額で繰上返済ができずに老後に住宅ローン滞納

老後破綻」は人事ではありません。誰にでも「老後破綻」になる可能性はあります。

 

「老後破綻」になっている高齢者の多くは、

 

■働き盛りの時は高収入だったが、貯蓄をしていなくて金銭感覚が変えられない

 

■定年後、住宅ローンがあり年金で返済している

 

■自営業をしていて業績が下がり多額の借入がある

 

■その他

 

このような方々です。

 

老後破綻は未然に防ぐことができます

老後に生活困窮者にならないために今すぐ対策をしましょう。

「老後破綻」は、未然に防ぐことは可能です。

 

「老後破綻」になってしまう高齢者は

 

■恥ずかしくて子供・親族に相談できない

 

■借りたお金は返さなければいけないと思い込み無理をしてしまう

 

■高齢なのに持家を売却したら住む家が無くなってしまうと思い無理をする

 

■その他

 

このような方々が「老後破綻」という不幸を招いてしまっています。

 

それでは、どのような高齢者が「老後破綻」を回避しているのでしょうか

 

■親族・子供に相談して一緒になって解決策を探す

 

■気持ちを切り替えて自宅を売却して賃貸で余裕のある生活を選択する

 

■その他

 

住宅ローンの返済で頭が一杯になり老後資金としていた預貯金を全て使い果たしてしまう高齢者もいます。でも、冷静に考えてみて下さい。

 

仮に、65歳で住宅ローンの残債務2000万円で返済期間が10年だとします。

 

この時点で住宅ローンの返済が現収入では困難になった場合で預貯金が500万円だったとします。

 

この貴重な老後資金で残債務を返済しきれると思いますか。

 

答えは、不可能です。

 

しかし、自宅を守るために間違った行動だと分かっていても無理な返済を続けてしまうのです。

 

これでは、結果的に預貯金もなくなり自宅も無くなってしまうという無一文の状態で老後を過ごさなければならなくなってしまいます。

当センターの解決事例をご紹介しています。各ご相談者に適したご提案をさせて頂いております。

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは様々な「老後破綻」についての悩み・不安・問題を解決してきました。老後の住宅ローン返済問題でお悩みの方はご相談下さい。

 

 

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
住宅ローン・事業性ローンの返済問題をLINEで相談・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業承継は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人民事再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい