リスケジュール

住宅ローン・事業資金の返済条件を見直しませんか?

住宅ローン・事業資金の返済が厳しい時は金融機関に相談する

リスケジュールとは

 

リスケジュールとは、住宅ローン・事業資金を借入した金融機関に「返済条件の延期・変更」を申し込む事です。

 

リスケジュールを検討、又は申し込むという事は様々な事情で返済が困難になっているケースです。

 

住宅ローンであれば

 

・転職・リストラ・倒産での収入減

 

・病気・怪我で就労不能による収入減

 

・その他

 

法人であれば

 

・不景気による業績悪化

 

・取引先の倒産

 

・その他

 

最近では自然災害での売上減少・収入減が原因というケースもあります。

 

リスケジュールの方法は返済期間延長と一時的な返済猶予です。

 

◆返済期間延長

 

明確なルールはありませんのが事業資金に関しては半年~1年で経営状況に応じて延長交渉が可能となります。住宅ローンに関しては、融資期間最長35年以内の延長も可能ですが完済時の年齢も考慮しなければなりません。

 

◆一時的な返済猶予

 

一時的な返済猶予の場合は、半年~1年程度しか認められないケースが大半です。

 

猶予期間中の返済額は、0円という事ではなく元金は払わず利息を返済したり返済が可能な額を話合いをして決めて返済をします。

リスケジュールのメリット・デメリット

リスケジュール・返済計画の見直しのメリットとデメリットを知る

◆メリット

 

リスケジュールのメリットは返済額が一時的に減るため、生活・事業を立て直しがし易くなります。

 

◆デメリット 

 

リスケジュールのデメリットは

 

・優遇金利が無くなり通常の金利になる

 

・返済期間が延びるので返済総額が増える

 

・数年間の期間延長では返済額の大幅減少は見込めない

 

・新規借入、借換えが難しくなる

 

各種コンサルタント料について

 

 

リスケジュールの相談を検討している方は、スケジュール相談の流れをご確認下さい。

リスケジュールをするなら早めに相談しましょう

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

住宅ローン・事業資金の返済が困難な状況になりリスケジュールを検討したならば、早めの段階で金融機関に相談しなければなりません。

 

住宅ローンに関しては審査が必要になり、事業資金に関しては金融機関が納得する事業再建計画が必要です。

 

来月の返済が厳しい状況になった時に金融機関に相談しても間に合わない場合があります。

 

住宅ローン返済相談センターでは、ご相談者が既存借入をリスケジュールすることによってメリット・デメリットを考慮して再生計画案をご提案致します。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業資金返済支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業承継は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人民事再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい