離婚するが住宅ローンが多くて売却できない

離婚をする時、住宅ローンの残債務が多くて売却できない

離婚する時に住宅ローンの残債務が多くて売却できない。

離婚をする時、夫婦で話合いをして財産分与等を考えて自宅(不動産)を売却する事を決めます。

 

通常の不動産売却で住宅ローンが完済できる状態であれば問題は起こりません。

 

しかし、住宅ローンの残債務よりも市場価格が明らかに低い場合に売却もあります。

 

売却時に住宅ローンを完済するには足りない分を補う現金があれば問題なく自宅を売却する事はできますが、足りない分を補う現金が無い場合に売却自体を諦めてしまう場合があります。しかし、この判断は後々トラブルになる原因になります。

 

離婚後のトラブルを避けるためには任意売却で解決できる可能性があります。

 

離婚時の不動産売却は諦めずに早めにご相談下さい。

離婚時の住宅ローン返済問題・不動産売却問題は任意売却で解決

離婚をする時の不動産売却は早めの相談を!

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい