住宅ローン名義人以外の人が居住するリスク

離婚後の住宅ローン返済問題・共有名義・連帯保証人について

離婚する時、問題になるのが住宅ローンのある自宅をどのようにするかです

当センターのご相談でも多く頂いているのが離婚する時の住宅ローン返済問題です。

 

元妻・子供が住み続ける事を約束して住宅ローンを養育費・慰謝料として返済し続ける。離婚する時は「問題ない」「約束したから大丈夫」と思っていてもリスクはあります。

 

【一括返済リスク】

 

住宅ローンは担保となる不動産に主債務者が居住する事が金銭消費貸借契約の条件となります。その主債務者が離婚を理由に退去をして元家族が住み続ける事は金融機関から契約批判と判断される可能性があります。契約違反となれば返済期間内での分割返済は認められずに残債額の一括返済を求められる可能性はあります。

 

 

【家賃と住宅ローンの2重の負担】

 

離婚後に元夫が住んでいない所有している不動産の住宅ローンを払い続けながら賃貸住宅に住んで生活をしていく事が負担になり破綻状態になるケースがあります。高収入であれば住居費用の2重払いは負担にはならないかもしれませんが、一般的な収入の場合には負担が大きくなる可能性が高いです。短期間なら2重払いも可能かもしれませんが、数年~数十年間にも及ぶ住宅ローンの返済期間中に何も起こらないとは限りません。

 

【いつまで住宅ローン返済は続く?】

 

元夫は居住していない不動産に住宅ローン返済を約束して離婚をした場合、いつまで返済を続けていくか決めないでいる場合や子供が大きくなるまで払い続けるなど曖昧な状況で数百万~数千万円の借金を背負う決断をします。

 

離婚をする事自体が重要な問題で住宅ローンが残っている自宅は二の次になって将来の事は考えらないようになっています。

 

 

【まとめ】

 

離婚してから間もない時は身内という感覚があり何か問題が発生して時でも相談すれば理解・納得して協力してくれるだろうと思って【住宅ローン返済】【住み続ける】事が円満離婚の条件だと信じて了承します。

 

しかし、時間が経過すると赤の他人になったことに気付くのです。お互いに新しいパートナーができれば【住宅ローン返済】【住み続ける】事が問題になってきます。

 

当センターでは、離婚時の住宅ローン返済がある不動産について数多くご相談を頂いております。

 

円満な家庭で安定した収入ががあるときは住宅ローンは必要不可欠ですが、離婚・収入減になってオーバーローン状態の不動産の住宅ローンは多額な借金になります。

 

厳しい決断を選択せざるを得ない事になるかもしれませんが新たな生活をスタートするには必要な判断かもしれません。

 

住宅ローン返済相談は早めの対応で早期の解決

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
住宅ローン・事業性ローンの返済問題をLINEで相談・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

セール&リースバック

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

リスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

事業再生コンサルタント

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

個人再生

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

リバースモーゲージ

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

親族間売買

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

借換えコンサルタント

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

任意売却

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい