離婚後、妻が住み続けて夫がローン返済継続

妻が住み続けて夫が名義を変えずに住宅ローン返済を継続

妻が住み続けるが夫が名義を変えずに返済を継続

離婚時に自宅を売却しない時にトラブルが1番多くあるケースです

◆養育費・慰謝料としての住宅ローン返済はリスクが大きい

 

離婚する時に、自宅に妻と子供が住み続けて夫が住宅ローンの返済を続けるケースが最も多くトラブルとしてのご相談を頂きます。

 

妻と子供は生活環境を変えたくない事で、離婚して出て行く夫と口約束で養育費・慰謝料として住宅ローンを払い続けてく約束をするご夫婦がいます。

 

本来、住宅ローンは「主債務者が居住を目的に融資」されるものであって、主債務者である夫が居住しないのに住宅ローンを払い続ける事は金融機関としては債務不履行と判断して確認された時点で住宅ローン残債務を一括返済を求めてくる事があります。

 

また、夫が養育費・慰謝料として住宅ローンの返済を続ける事は大変負担になります。新しい住居の家賃と2重の住居費用は一般的なサラリーマンの収入では時間が経つにつれて無理が生じます。

 

数百万~数千万円の住宅ローンを養育費・慰謝料としていつまで返済を続けられますか?

 

通常、慰謝料は離婚時に100~300万円・養育費は子供が大学卒業まで月2~3万円です。仮に、住宅ローンの残債務が1,500万円であれば慰謝料・養育費を1,500万円を払いますか?現実的な金額ではありません。

 

離婚する時には冷静に話合いをしてお互い納得したつもりが、時間が経つにつれて負担になっている夫は住んでいない家の住宅ローン返済は優先順位は低くなります。

離婚後に、住み続けるリスク

離婚後、妻が住み続けて夫がローン返済継続

夫が住んでいない住宅ローンの返済ができなくなった、又は返済をしなくなった場合は、住宅ローンの借入先の金融機関が抵当権を実行して競売を申立てます。この状況になると住んでいる妻と子供は強制的に退去を命じられます。

 

離婚する時に、適切な対応をしておかないと取り返しのつかない状態になります。

離婚後の住宅ローン問題事例

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業資金返済支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

セール&リースバック

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

リスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

事業再生コンサルタント

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

個人再生

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

リバースモーゲージ

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

親族間売買

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

借換えコンサルタント

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

任意売却

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却
住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい