任意売却

任意売却は競売を回避する不動産の売却方法。

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン・事業資金等の返済ができなくなった場合に金融機関(債権者)と協議・交渉し合意を得て不動産を市場価格に近い価格で売却する方法です。

 

任意売却はローン残高よりも下回る売却価格で不動産を売却するための手段です。

 

通常の不動産売却であれば住宅ローンの残債務全額を返済しなければ抵当権の抹消ができません。

 

抵当権が抹消できなければ引渡しができませんので売買契約は成立しません。ローン残高よりも売却価格が下回っている場合は不足分を現金を用意して補填しなければなりません。

 

その点、任意売却は金融機関(債権者)と交渉・協議し住宅ローン・事業資金の残債務全額を返済せずに抵当権を抹消する事を取り決めした状態で不動産を売却します。

 

住宅ローン・事業資金の返済が滞納になった時、金融機関は競売で担保不動産を処分し債権を回収する事を検討し実行します。

 

その競売になる前に金融機関と交渉し自らの意思で不動産を処分し返済する。

 

任意売却は、売却価格・売却後の残債務の返済方法はあなたの意思が尊重されます。

 

それが任意売却です。

任意売却と競売

債権者(金融機関等)は、住宅ローン・事業資金の返済されない場合の金融機関が法的手段を行使して債権回収をはかります。その回収方法の一つが不動産競売です。

 

競売は、所有者の意思とは関係なく債権者が裁判所に申立てをして入札制度により最高額で落札した者に不動産の所有権が移転されます。競売で払われた売却金額は債権者に払われ所有者の手元に残る金額はありません。

 

競売と比較して任意売却は最適な選択肢

 

①任意売却は市場価格に近い価格で売却できる

 

②任意売却は引渡し時期・条件等を交渉できる

 

③近所には通常の不動産売却としてしか思われない

 

④競売は精神面の負担が大きい

住宅ローン・事業性ローンが返済できなくて自宅が差押・仮差押

任意売却の費用

任意売却の費用は無料です。当社の報酬は任意売却が成立して「債権者(金融機関)に支払われる売却代金」から控除されるため実質負担は0円です。

任意売却の費用負担

任意売却におけるあなたの

 「自己負担金は0円」です

任意売却は自己負担金0円で競売回避・残債務を減らす事ができる

任意売却のご相談の流れ

任意売却を検討される方は【任意売却のご相談の流れ】を確認して下さい

住宅ローン滞納から競売まで

住宅ローンの返済が出来ずに滞納してしまった場合は放置しないで下さい

任意売却を検討する場合は早めにご相談下さい

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい