住宅ローンは何回目の滞納で競売に?

2020年05月10日

倒産・失業・リストラ・離婚の時は住宅ローン返済相談Q&A

質問:住宅ローン返済が厳しいのですが、何回目の滞納で競売になるのですか?競売は絶対に避けたいのですが、良い方法を教えてください。

住宅ローン滞納、何回目で競売になるの?

住宅ローンの返済が滞ると金融機関から競売を申し立てられます

住宅ローン返済を滞納してしまうと借入先の金融機関が競売を申し立てます。

 

1回の滞納では競売を申し立てる事はしませんが、複数回の滞納が続くと競売の手続きを始めます。

 

それでは何回目の滞納で競売を申し立てられるのでしょう。

1~2回目の滞納では競売はありません

住宅ローンの返済を滞納してから1~2か月経過すると、支払請求書が届きます。その書面には滞納額と遅延損害金が記載されています。金融機関によっては電話・訪問等で督促がある場合もあります。

住宅ローンの滞納が2~3ヶ月経過後の金融機関の対応

住宅ローンの滞納が2~3ヶ月経過すると金融機関の対応は厳しくなります。厳しいといっても電話が鳴りやまないとかではなく、書面の内容が厳しいという事です。内容は

 

・滞納額を期日まで返済しないと住宅ローンの残債額を一括返済請求する

 

・個人信用情報への登録(ブラックリスト)

 

・保証協会の代位弁済

 

上記のような見慣れない内容が記載されています。この通知を無視すると上記の内容を実行して金融機関によっては競売の申立ての手続きを行います。

住宅ローンの滞納が3~6ヶ月経過

住宅ローンの滞納が3~6ヶ月経過すると、期限の利益喪失通知が届き分割返済が不可能になり一括返済を求められます。そして、保証会社からの代位弁済通知が届き保証会社から住宅ローン残債額一括返済が求められます。

 

上記の通知等を放置し続けると金融機関は競売の手続きを行います。

まとめ

住宅ローン返済を滞納し続けると最短で3ヶ月で競売を申し立てられます。最長で6ヶ月なのですが、滞納前に対応するか滞納6ヶ月で対応するかでは対策方法の選択肢が違ってしまいます。住宅ローンの返済が厳しいと感じたらお早めに専門家に相談して下さい。

住宅ローン滞納、何回目で競売になるの?

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人民事再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン滞納、何回目で競売になるの?