任意売却、競売後の住宅ローンはどうする?

2020年05月27日

倒産・失業・リストラ・離婚の時は住宅ローン返済相談Q&A

質問:住宅ローンの返済が厳しいので自宅を売却する事を検討しています。万が一、売却しても住宅ローンが残ってしまう場合は返済を続けるのでしょうか?

任意売却、競売後の住宅ローンの残債務は払うべきか?

ご質問の回答ですが、結論から申し上げますと住宅ローンの残債務は払わなければなりません。

 

任意売却で売却しても競売で処分されても同様です。

 

任意売却を専門とする不動産会社によっては「担保である不動産が売却して無担保債権だから払わなくても大丈夫」というアドバイスをするケースを聞いたことがありますが、大きな間違いです。又、競売で不動産を処分されたら終わりと勘違いされている方もいらっしゃいますが、これも大きな間違いです。

 

債権者は担保となっている不動産を任意売却又は競売で不動産を処分しても全額回収ができなければ請求を続けます。この請求を間違った知識で返済しなくてもよいと解釈して対応しないと、債権者は裁判所に調停を申し立て給料の差押等をしてくる事もあります。

 

上記のような内容を知ると、債権者はとても強硬な態度で対応してくると勘違いしてしまうかもしれませんが、話合いをして返済計画を提案すれば柔軟に対応する債権者が殆どです。

 

住宅ローンの返済が厳しくなり自宅の売却を諦めて競売を選択したり、任意売却後のサポートをしない不動産会社に売却を依頼すると売却後の残債務の返済交渉を1人で対応しなければなりません。

 

住宅ローンの返済が困難になって自宅を売却を検討する場合にやるべき事は売却後に住宅ローンが完済できるかを確認すべきです。そして、不動産の査定価格が住宅ローンの残債額よりも低くなってしまう事が確実であれば任意売却での自宅売却をお勧めします。

 

当センターは任意売却後のサポート体制を整えておりますので安心してご相談下さい。

任意売却、競売後の住宅ローンの残債務は払うべきか?

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人民事再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

任意売却、競売後の住宅ローンの残債務は払うべきか?
任意売却、競売後の住宅ローンの残債務は払うべきか?