コロナ禍の住宅ローン返済問題の相談内容

2021年09月21日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

今回は「コロナ禍の住宅ローン返済問題の相談内容」のお話です。

 

弊社が【住宅ローン返済相談センター】(以下、本サイト)を開設したのは2020年2月でした。

 

サイト開設計画は2019年11月頃からですので一般的には新型コロナウィルスの情報は報道されていなかったと記憶しています。

 

本サイトはリーマンショック時から任意売却に携わってきた経験で競売で不動産を処分せずに問題を解決するサポートをするために開設しました。

 

開設時期は、世の中が新型コロナが風邪やインフルエンザ程度だろうという認識だったので特に閲覧数・反響については期待もせずにブログで情報発信できればくらいの気持ちでした。

 

しかし、2020年3月末くらいからご相談のお問い合わせが増え始めてきました。

 

ご相談内容については新型コロナウィルスの感染拡大の影響の大きさを感じられるもので時期によって内容が変わっていくの感じられるほどでした。

 

2020年3月末から5月位までは離婚や将来的の返済が不安な方からのご相談が多く、

 

ご相談者の中には3月に新築の注文住宅の引渡しされてからご主人が返済について不安を感じて売却を検討しているといった内容もありました。

 

この時期の数か月は住宅ローンに返済が不安やその不安を解消する事ができずに夫婦間に亀裂が生じ離婚を考えている方々からのご相談が大半を占めました。

 

このようなご相談内容については取り敢えず不安を解消するために心を和らぐようにお話を聞くこと心掛けています。

 

正直、不動産・住宅ローンは会話の中で1割も満たない時が殆どです。

 

6月から7月頃からのご相談内容は一変しました。

 

2020年4月7日(全国は4月16日)から緊急事態宣言による制限が始まってからは

 

「職を失い住宅ローンが払えない」

 

「住宅ローンを3ヶ月滞納して銀行から電話が・・・」

 

「旦那が鬱病になって収入が途絶えた」

 

その他、実際に住宅ローンが払えない・滞納といった状況の方からのご相談が急増しました。

 

ご相談は全国からで北は北海道で南は熊本県だったと記憶しています。

 

当センターは埼玉県内で活動しているので任意売却の必要性を感じる方は近隣の不動産会社を紹介し

 

任意売却の必要性が無いと感じた場合は返済猶予(リスケ)を銀行に相談するようにアドバイスをしました。

 

そして、【住宅ローンが払えない・滞納】といった内容のご相談は特別定額給付金10万円が支給されてからは多少落ち着いたように感じました。

 

2020年秋頃からは法人の代表者や個人事業主の方からの事業性ローン・代位弁済後の返済についてのご相談が増え始めたので不景気の予感を感じ始めた時期でもあります。

 

数年前から厳しかった経営が新型コロナウィルスにより更に業績が悪化して事業資金の返済が困難になった方や既に廃業・倒産を考えている方のご相談が増え始めた時期でした。

 

2021年に入ってからご相談件数が急増しているような状況ではありませんが、

 

住宅ローンの返済猶予(リスケ)期間について終わりそうで困惑している方や銀行の断られた方からのご相談を頂くことが増えています。

 

このようにサイト開設から約1年6ヵ月経過しましたが、コロナ禍において特別定額給付金や持続化給付金・その他の助成金の効果があり状況を改善するまでとはいえませんが最悪の状況になる前で踏み止まることができている個人・法人は多くいる事を感じます。

 

最近では新型コロナウィルスの感染者数が減少してきているので経済が回り始めている兆しもあり経済が上向きになる期待感もありますが、コロナ前の状況になるかといえば不透明です。

 

これ以上、経済状況が悪化しないためにも新型コロナウィルスの感染拡大が終息する事を願うばかりです。

 

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業承継は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい