養育費は誰のためのモノ?

2021年05月03日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

 

養育費は子供ためのモノです

住宅ローン返済問題・不動産売却のご相談内容で多くあるのが離婚です。

 

離婚後にトラブルになる原因の多くが不動産・金銭等の財産分与だと思います。

 

私にご相談を頂く場合の多くはトラブルになっている事が殆どですが養育費についての問題は違和感を感じています。

 

(元)ご夫婦での間では、養育費についての認識がズレている事がありトラブルになっている原因となっています。

 

養育費は、財産分与・不動産・金銭・動産等とは違い子供ためのモノです。

 

財産分与・慰謝料は夫婦間で放棄する事は自由にできますが養育費は別問題として考えなければなりません。

 

ご相談者の中では「親権が無いから養育費を払いたくない」「離れて暮らしているから養育費を払う事を躊躇う」という話を聞かされることがありますが、親である以上子供を育てる義務があり養育費を分担する責任があります。

 

【養育費の請求権は誰にあるの?】

 

未成年である子供に養育費の話合いをすることは不可能なので夫婦で話し合いをするのですが、時に感情的になり養育費を払わない!!いらない!!なんて事になることがあるようですが

 

養育費は本来、子供自身に請求権があるので夫婦での勝手な取り決めは無効であり子供の養育費の請求権は失う事はありません。

 

【養育費は減額できるの?】

 

養育費の金額については夫婦で離婚する前に取り決める事がよいでしょう。支払方法については財産分与・慰謝料と違い一括ではなく分割で毎月定額を払うことが原則です。

 

支払う額の減額については基本的にできませんが、経済状況で決められた額が払えない場合は減額を認められることもありますが、一方的に減額をすることはできず話合いが必要です。話合いが纏まらなければ家庭裁判所に調停を申し立てることで解決するしかありません。

 

【まとめ】

 

養育費は子供が成長するためのモノで夫婦の感情で支払わなくなった場合に影響を及ぼすのは子供の成長・生活です。

 

 

親である以上、子供を育てる責任はあり子供は養育費を受け取る権利があります。

 

離れて暮らすようになると親である自覚が薄れてしまう場合があるようですが

 

可能な限り子供との関わり合いを保つことによって養育費の支払い義務を強く感じトラブルを防ぐことになるかもしれません。

 

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

業績悪化・事業承継は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい