自宅が競売になると・・・、どうなる?

2022年01月16日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

住宅ローンを滞納すると、どのような状況になるか不安で眠れないという方もいるはずです。

 

先が見えないと不安が膨らみ、何をすべきか分からずに正しい行動が取れなくなります。

 

住宅ローンの滞納を続けた場合、銀行がどのような対応をするのか知っておけば「競売」は避けるべきと分かるはずです。

 

【競売】

 

住宅ローンを滞納すると借入先の金融機関は担保設定されている不動産(自宅)を差押えます。

 

この時点で、所有者兼債務者が実質的に自由に処分ができなくなってしまいます。

 

そして、金融機関は裁判所に不動産を競売で処分して債権を回収するために競売を申し立てます。

 

競売を申し立てられると、競売の調査資料作成のために裁判所から執行官と不動産鑑定士が自宅に訪れます。

 

訪問時、人によっては家財道具に差押えの張り紙を貼られたり玄関ドアに張り紙をされると勘違いをされる方もいますが

 

そのような事はありませんので安心して下さい。

 

【競売のデメリット】

 

競売になると幾つかのデメリットがあります。

 

◆裁判所の競売サイトに自宅の情報が公開される

 

競売を申し立てられると自宅に訪れた執行官と不動産鑑定士が作成した資料や撮影された外観・室内が裁判所の競売サイト「不動産競売物件情報サイト BIT」に掲載されます。

 

このサイトは、入札する不動産業者しか閲覧しないだろと思う方もいると思いますが、決してそういう訳ではありません。

 

最近では一般の方も投資目的で入札する方がいます。一般の多くの方は、自身が住んでいる近隣の物件を探す傾向にあるので隣近所の方にバレてしまう事もあります。

 

◆残債務が多く残ってしまう

 

競売を入札・落札する目的は転売目的ですので可能な限り安く落札しようします。又、競売での不動産処分は相当な期間を要しますので多額の遅延損害金が増加してしまいます。

 

これによって競売で不動産を処分された後の残債務が多く残ってしまいます。

 

自宅を競売で処分されたうえに多くの債務を抱えて苦しい生活を強いられる事になります。

 

◆無一文で退去を迫られる

 

「競売で不動産を処分されると落札者と交渉すれば引越費用100万円が支払われる」

 

なんて事を思っている方もいるようですが、落札者は引越費用を渡す義務はありませんので

 

100万円のような大金を渡す事はありません。

 

引越費用がないから不法占有すれば強制執行で家財道具を室内から運び出されます。因みに強制執行の代金は不法占有者に請求されます。

 

 

 

 

住宅ローンの返済ができなくなったら取るべき解決策

住宅ローンの返済ができなくなったら取るべき解決策は?

 

【銀行に相談】

 

住宅ローンの返済が厳しくなった時は借入先の銀行に相談すべきです。

 

返済計画の見直しやボーナス返済をなくす事で住宅ローンの返済が継続できる可能性もあります。

 

「銀行に相談する」場合は滞納する前にして下さい。

 

既に住宅ローンを滞納している状態で銀行に相談すると「滞納分を払ってから対応します」と言われてしまう事もありますので注意しましょう。

 

【任意売却を検討する】

 

住宅ローンが払えなくなった時は「任意売却」を検討して下さい。

 

任意売却は競売に比べて高く売却する事ができて残債務を最小限にする事ができて売却後の生活も余裕が持てます。

 

引越費用については債権者や買主と交渉して捻出する事も可能ですし、引越時期についても通常の不動産売却と同様に話し合いで決める事ができます。

 

住宅ローンの返済ができなくなりそうな時は可能な限り早めに相談して下さい。

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業承継は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい