住宅ローン収入合算のリスク

2020年06月15日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

不動産を購入する時、住宅ローンの収入合算のリスクは確認しました?

 

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

住宅ローン収入合算のリスク

マイホームを購入する時に、

 

・ご主人の収入では買いたい不動産が買えない

 

・収入的に新築を購入したいけど中古しか買えない

 

・住んでいる地域で不動産を購入したいけど収入が足りない

 

その他の理由で、不動産会社の営業マンや銀行の営業に相談すると収入合算での住宅ローン審査・借入れを勧められます。

 

【収入合算】

 

収入合算とは、親族2人の収入を合算して住宅ローンの借入額を増やす方法です。

 

借入可能額が増える事によって1人の収入では購入できない物件が購入できる可能性が高まります。

 

又、主債務者に万が一の事があった場合、団体生命保険でで残債務が返済されますので家族が住むところ失ったりせずに済みます。

 

収入合算のリスクについては、収入合算をした人のどちらかの収入がなくなった場合に返済負担が大きくなります。

 

収入合算をして住宅ローンを組む場合には借入額が大きくなりがちです。

 

本来、1人の収入では返済できる可能性が低いために収入合算をしているので返済能力以上の借入をしてしまった住宅ローンを返済し続ける事は大変困難となります。

 

また、収入合算は共有名義になるために離婚をする事になった場合には、十分な話合いをしてトラブルにならないようにしておく必要もあります。

 

住宅ローンの収入合算は、購入したい物件に対して収入が足りない場合は大変便利な金融商品です。

 

しかし、長い住宅ローン返済期間においてトラブル・アクシデントが全く無いとは限りません。住宅ローンの収入合算を検討・利用をする際はメリットとリスクを十分に把握しておく必要があります。

 

 

住宅ローンの収入合算。借入れする時にリスクは確認しましたか?

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローンの収入合算。借入れする時にリスクは確認しましたか?