住宅ローンの遅延損害金

2020年06月01日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

住宅ローンが払えない時に銀行から書面が届いたけど、【遅延損害金】って?

 

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

住宅ローンの遅延損害金

住宅ローンの遅延損害金について

住宅ローンの返済が厳しい状況で滞納が続くと銀行から書面が届きます。その書面に滞納している月々の返済額と遅延損害金の額が記載されています。

 

この遅延損害金はどのような計算で請求されていくのでしょうか。

 

【遅延損害金】

 

住宅ローン返済において毎月の返済日が決まっていますが、その返済日に返済ができない時に発生する損害賠償の金銭です。

 

住宅ローンの場合の遅延損害金の年率は14%と定められている場合が多くなります。

 

【遅延損害金の計算】

 

住宅ローンの返済が遅れ始めた時、銀行からの書面に記載されているのは月々の返済額に対しての遅延損害金の額なので数百円くらいになります。

 

しかし、住宅ローンの返済が3~6ヶ月滞ると【期限の利益の喪失】されて住宅ローンの残債額を一括返済請求されるとなると多額の遅延損害金が発生します。

 

例えば、住宅ローンの残債額が2000万円で遅延損害金の年率が14%の場合は下記のようになります。

 

  2000万円×14%÷365日=約7,671円(1日)

 

期限の利益の喪失となり、任意売却か競売か考えている日々でも1日当たり約7,671円の遅延損害金が発生していることになります。

 

仮に、住宅ローンを滞納して残債額に対して遅延損害金が発生してから100日経過すると約760000円もの遅延損害金を請求されることになります。

 

【遅延損害金は返済しなければならない?】

 

住宅ローンの返済ができないのに遅延損害金を払う事は大変困難です。この遅延損害金は払わなければならないのかと疑問に思う方もいらっしゃいます。

 

遅延損害金は、利息制限法に記載されているので法的には請求自体は正当ですが払わなければならないという訳ではありません。

 

しかし、金融機関との金銭消費貸借契約の書面に遅延損害金を支払う条項が記載されていれば債務者は支払う義務があり、債権者は請求する権利を主張する事が出来ます。

 

【まとめ】

 

住宅ローンの滞納を放置する事は、怪我をして出血した状態を手当てもせずに放置する事と同様です。

 

あなたは怪我をしてしまって出血が止まらなくても放置しますか?

 

しませんよね。

 

債権者から競売を申し立てられてから終わりという事ではなく放置をしておけば状況が悪くなるのは明らかです。

 

遅延損害金が発生している状況で返済する事は大変困難です。

 

遅延損害金を止めるには任意売却・リースバックを検討し早めに清算する事をお勧めします。

 

 

住宅ローン・事業性ローンの返済問題をLINEで相談・埼玉県
希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

 

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

離婚・失業で住宅ローンが払えない時はLINEでご相談下さい
住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい