老後の住宅ローン返済について

2020年06月01日

離婚・失業・倒産・鬱病の時に読む住宅ローン返済相談コラム

住宅ローンを借りた時、定年後の返済について考えましたか?又、不動産会社の営業マン・銀行の担当者は老後の住宅ローン返済のリスク・対策は教えてくれましたか?

 

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

老後の住宅ローン返済

数年前に、テレビ番組で「老後破綻」が取り上げられて社会問題化されています。

 

バブル崩壊・リーマンショック・平成不況・超高齢化社会

 

平成になってからの30年間で様々な問題と社会の変化で、夢のマイホームを購入しても思い描いた通りに完済できずに苦しんでいる高齢者が増加しています。

 

当センターでは、図らずも住宅ローンの返済が困難になってしまった60歳代以上のご相談者様から悩み・不安を承っております。

 

ご相談内容の多くは、事前に対応しておけば防げるような問題も多くありますが、残念ながら自宅を売却する事になってしまう方も少なくありません。

 

この老後破綻に関しては、年齢・環境等の状況から情報を得られない事が多くあり結果的に破綻状態になってしまう事が増えています。当センターでは、ご両親の住宅ローン・その他の借入状況を心配して独立したお子様世代からのご相談を頂く事もございます。

 

当センターでは、これからも増えるであろう60歳以上で定年退職してからの住宅ローン返済の不安・悩みを解消する情報を発信していきます。

 

先ずは、ご自身の状況を正確に把握して少しでも当てはまる項目があり改善点を見つけて老後破綻を避けるべき行動・生活の参考にして頂ければ幸いです。

 

老後の住宅ローン返済②

 

 

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

 

老後の住宅ローン返済について