住宅ローンの返済できないけど住み続けたい

2020年04月30日

住宅ローンが払えないけど住み続けられる方法はある?

質問:住宅ローンが払えないけど、家に住み続けたいけど何か方法はありますか?

 

このような状況でも諦める必要はありません

 

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまって住宅ローンが払えない

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまって住宅ローン返済が厳しい

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

回答:住宅ローンの返済ができなくなっても住み続けられる方法はあります

住宅ローンの返済が厳しいと感じた時には金融機関に相談して下さい。返済自体ができない場合は売却を検討しなければなりませんが「住み続ける」というご希望を叶える方法はありますのでご安心ください。

 

 

「住宅ローンが払えない」このような時でも諦めないで下さい

住宅ローン返済が難しいと感じたら、先ずは金融機関に相談して下さい。リスケジュールといって返済期間・返済額の変更の見直しの提案があります。提案された変更内容通りに返済を続ければ住み続けられます。

 

リスケジュールの説明はこちらから

 

返済額の変更をしたとしても住宅ローンの返済が難しく滞納してしまっている場合は、自宅を売却せずに住み続ける事は不可能です。しかし、自宅を売却してからも住み続ける可能性が残されています。

セール&リースバック(売却後、賃貸住宅として住み続ける事が出来ます)

セール&リースバックは、不動産投資家・不動産買取会社が買主として不動産(自宅・事務所等)を売却して、買主と賃貸借契約を結び売却前と変わらずに使用・居住を続けられます。

 

セール&リースバックの説明はこちら

 

セール&リースバックにはメリット・デメリットがありますので、十分注意し利用しなければなりません。メリットとしては引越しせずに生活環境を変えずに住み続ける事が出来ます。デメリットは従来の住宅ローンの返済額よりも家賃が高く設定される場合があります。

 

セール&リースバックの注意点

親族間売買(親雄間売買)

親族間売買は、親子又は親族間で売買を不動産を守って使用・居住し続ける方法です。セール&リースバック違いと買主が親族なのでトラブ等が起きにくく、将来的には買戻しができる可能性が高いです。

 

親族間売買の注意点は、現金での購入であれば問題はありませんが金融機関の融資を利用する場合には融資可能な金融機関からの条件を購入する親族がクリアできるかがポイントになります。

 

親族間売買の説明はこちらから

住宅ローンの返済が厳しいからといって諦める必要はありません

住宅ローンの返済が難しい=直ちに任意売却ではありません。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じた時には、先ずは金融機関に相談です。それでも解決しないのならばセール&リースバック・親族間売買等の方法があります。そして、どうしても解決できなくて競売を回避したいという方には任意売却をお勧めします。

 

住宅ローンが難しくても「自宅を売却したくない」住宅ローンが払えなくても「住み続けたい」というお気持ちがあるなら、お早めにご相談下さい。行動を起こす事が遅くなればなるほど解決方法の選択支は少なくなってしまいます。

住宅ローン 払えない 厳しい 売却したくない 住み続けたい

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン 払えない 厳しい 売却したくない 住み続けたい