住宅ローンの保証料って覚えていますか?

2020年04月19日

住宅ローンの保証料って覚えてますか? 連帯保証人 代位弁済

住宅ローン・事業資金の返済ができなくなった時、あなたならどうしますか?

 

 

・リストラで職を失い収入が減ってしまった

 

・業績悪化でボーナスが無くなり収入が減ってしまった

 

・倒産 廃業で住宅ローンが払えない

 

・離婚して養育費 住宅ローン 慰謝料で経済的に困窮している

 

・怪我 病気で収入が減ってしまった

 

・年金と預貯金で住宅ローンを払っていたが限界

 

・その他

 

 このような状況の時はお早めにご相談下さい。諦める必要はありません!!

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します。

住宅ローンの保証料って覚えてますか?

不動産を購入する際、住宅ローンを利用する方が多くいらっしゃると思います。

 

不動産会社によっては住宅ローンを有利に借入するノウハウを持っているようです。(詳細は分かりません)

 

借入金利・借入期間・融資手数料・印紙代・・・

 

上記以外に保証料という項目があります。覚えていますか?又は知っていますか?

 

住宅ローンの返済が困難になり保証会社から通知が届いたとご相談を頂いた際に、多くの方が

 

ところで保証会社って、何?

 

という感じです。

 

それでは保証料・保証会社とはどういったものなのでしょうか

保証会社と連帯保証人

以前は住宅ローンのように高額の借入れをする場合、債務者が連帯保証人を立て金銭消費貸借契約・融資の実行をしなければなりませんでした。

 

この連帯保証人という立場の人は、債務者が万が一返済ができなくなった場合は代わりに返済しなくてはなりません。

 

しかし、連帯保証人を用意できなければ住宅ローンを借りることができないと現金で購入しなければならないという非現実的な事が起こり始めました。

 

そこで銀行が債務者に融資する際、債務者が保証料を保証会社に支払い保証する事によって融資が実行するという仕組みが一般化されました。

 

大手金融機関・地方銀行は系列保証会社があり信用金庫は指定の保証会社・保証機関の保証審査を受けることが融資条件となります。

 

例)りそな銀行→りそな保証株式会社  みずほ銀行→みずほ信用保証株式会社  三井住友銀行→SMBC債権回収株式会社

 

保証料の支払い方法は、借入時に一括で支払う方法と毎月の返済額の金利(0.2%)を上乗せして支払う方法があります。

 

多額の保証料を払っている事を忘れていませんか?

 

各銀行によって保証料の金額は様々ですが、借入額3000万円 借入期間35年の保証料は60万~70万円です。

※詳細を確認されたい場合は各銀行にお問い合わせ下さい。

 

「えッ?こんな大金払っていたの?」

 

「こんなに払っていたなら払えない分を払ってくれるの?」

 

このように思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、残念ながら違うのです。

 

住宅ローンの保証会社の保証は融資をする銀行に対しての保証です。

 

万が一、住宅ローンを払えなくなった場合、代位弁済といって保証会社が銀行に対して一括返済をします。

 

この時点で、住宅ローンを融資していた銀行は督促・催促等は一切行わなくなります。

 

そして、しばらくすると代位弁済をした保証会社が債務者に対して残った住宅ローンの一括返済を求めてきます。

 

月々の住宅ローンの返済ができないのに一括返済は不可能です。そのまま放置しておけば保証会社が競売を申立て不動産を処分して換金し回収する事になります。

 

住宅ローンを返済している時は銀行に金利を払い続けています。融資実行時には保証会社に対して保証料を支払っています。この保証料は滞りなく住宅ローンが完済しても返金される事はありません。銀行・保証会社共に、リスクを最小限にした金融商品が住宅ローンということです。

 

ところで、住宅ローンの融資を申し込むときに不動産の営業マン・ハウスメーカーの営業マン・銀行の担当者は保証料の説明を明確にしてくれましたか?

 

銀行の担当者は保証料の意味を理解ししているのは当然ですが、もしかすると一握りの不動産の営業マンの保証料の本当の意味を知らずに住宅ローンの斡旋をして多額の住宅ローン手数料を請求しているかもしれません。

 

因みに、保証料の支払いが必要のない銀行(主にネット銀行)もありますが、保証料と同等の金額融資手数料が必要になるケースもありますので、不動産購入時の住宅ローン選びは慎重にしましょう。

 

住宅ローン・事業性ローンの返済問題をLINEで相談・埼玉県
希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン返済・事業資金返済・税金滞納でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

 

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょ

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい