セール&リースバック

セール&リースバックで自宅に住み続ける事を選択

住宅ローン 事業資金 払えない 滞納 業績向上 生活再建

セール&リースバックとは

セール&リースバックとは、現在所有している不動産をいったん売却して、その買主に賃料を支払い使用・居住を継続する仕組みです。

 

住宅ローン・税金の支払いが厳しくなったことによって不動産の維持・管理が負担になった場合でも住み慣れた我家にどうしても住み続けたい方や売却後にも工場・倉庫を使用し続けたい方には、セール&リースバックが有効です。

 

信頼できる個人投資家や投資会社など、第三者に一旦自宅や事務所を買い取ってもらい、その家主と賃貸契約を結び、売却したお金を元手に賃料を納めながら、その家や事務所を利用し続けられます。

 

誰にも事情を知られる事なく今まで通り使用・住み続けることができ、任意売却の発展系とも言われています。たとえローンが支払えなくなったとしても、家を売ったお金が一括して入ってくるため資金繰りが楽になるほか、まとまった資金ができれば再び買い戻すことも可能です。

セール&リースバックに向いている方

◆住宅ローン残債額は少ないが、月々の返済額が高くて返済が厳しい

 

◆借金の返済や税金滞納をどうにかしたい

 

◆資金繰りがが厳しく工場・倉庫を売却して返済したい

 

◆住宅ローンは終わっているが老後資金として現金を用意したい

 

◆現金を用意しなければならない

 

 

自宅を売却しなければならない。でも、住み続けたい。その気持ちを大事にしたい。

セール&リースバックとは、現在所有している不動産をいったん売却して、その買主に賃料を支払い使用・居住を継続する仕組みです。

 

◆メリット

 

個人の方であれば自宅を売却したい(しなければならない)が使用・居住を継続したいという希望が叶えられます。

 

・長年、住み続けた環境を変えたくない

 

・子供の学区を変えたくない

 

・固定資産税、修繕費等の費用負担が無くなる

 

法人であれば所有している自社ビル・工場・倉庫を売却後も使用し事業を継続する事が出来ます

 

・事業環境を変えることなく現金調達ができる

 

・固定資産税、修繕費等の費用負担が無くなる

 

・資金調達により事業が軌道に乗れば買戻しができる

セール&リースバックで不動産売却後も住み続け現金調達する

セール&リースバックのデメリットを認識して利用しましょう

◆デメリット

 

・不動産買取価格が通常の不動産売却の6~7割程度になる

 

・賃料が相場よりも割高になり、年間家賃が売却価格の10%となり負担が大きくなる可能性がある

 

・買戻しの価格は売却時の価格よりも高く設定される可能性がある

 

各種コンサルタント料について

セール&リースバックの相談を検討している方は、【セール&リースバック相談の流れ】をご確認下さい。

セール&リースバックを検討した時は早めにご相談下さい

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

セール&リースバックにはメリット・デメリットがあります。ご相談者の資産状況によっては所有している時よりも返済が増えて負担が大きくります。

相談先を間違えると不動産会社側の利益重視の不動産取引をされてトラブルに巻き込まれているケースもあるようです。

 

住宅ローン返済相談センターは、ご相談者がセール&リースバックを利用するにあたってのメリット・デメリットをお伝えしリスクの無いご提案をお約束します。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい