金融機関から通知が届いたらご相談下さい

銀行・役所・裁判所から通知・督促状・催告書が届いたらご相談下さい

銀行・役所・裁判所から督促状・催告書が届いたらご相談下さい

住宅ローンを滞納してしまって放置しておくと金融機関から督促状・催告書等の書面が自宅に届きます。又、固定資産税・国民健康保険料・住民税等を滞納してしまうと役所から督促状・電話等で催促されます。

 

滞納・遅延が始まった時は、優しい内容の書面・対応で催促されますが、2~3ヶ月経過すると厳しい内容の書面が届きます。収入が減ってしまい、本来であれば返済・納税が出来ていた方にとっては書面・電話等での通知は精神的に追い詰められてしまい書面の内容も確認せずに状況を悪化させてしまうケースが多くあります。

役所・裁判所・銀行から督促状・催告書が届いたらご相談下さい

銀行・信用金庫から督促状・催告書が届いたら放置しないで下さい

住宅ローンの返済を滞納して1ヶ月目は金融機関からの電話、入金が未確認の通知が書面で届きます。

 

滞納してから2か月目以降は督促状・催告書が内容証明郵便等で自宅に郵送されます。指定された期日までに滞納している全額を一括で返済するように記載されていて、全額が返済されない場合は競売等の法的措置の準備をする内容です。

 

催告書は金融機関にとって不動産を競売で処分して換金して回収する最終通告となります。

 

 

期限の利益喪失が届いても諦めないでご連絡下さい

住宅ローンの返済が滞り督促状・催告書が届いても放置してしまうと金融機関から期限の利益の喪失に関する予告書・通知書が送られてきます。期限の利益の喪失とは、滞納による契約違反に伴い住宅ローンの返済を分割ではなく一括で返済しなければならない事です。

 

住宅ローンの返済を合計6ヶ月(金融機関によっては3ヶ月)滞納してしまうと金融機関から期限の利益に関する通知が届きます。この通知には定められた期限までに住宅ローンの残債額を一括で返済するように記載されています。今までは滞納している毎月の返済額の返済を請求されていたのが全額返済を請求されます。

 

毎月の返済が困難になっているのに住宅ローンの残債額を一括返済する事は不可能です。

代位弁済通知が届いたらご相談下さい

金融機関から期限の利益の喪失の通知が届いた後に、保証会社から「代位弁済通知書」が届きます。

 

住宅ローンの返済が不可能になった時に、債務者の代わりに保証会社が金融機関に住宅ローンの残債額と利息を返済する事になります。これが「代位弁済」です。

 

ここで勘違いしてはいけなのが、保証会社が金融機関に債務者に代わって返済されても返済義務が無くなったわけではありません。返済先が金融機関から保証会社に代わっただけで返済する義務は残っています。

 

保証会社は、引き続き住宅ローンの一括返済の請求を続けます。返済ができなければ裁判所に競売の申立てをします。
 

裁判所から競売開始決定・期間入札の通知が届いたらご相談下さい

競売開始決定通知書が届いても間に合いますのでご相談下さい

代位弁済が行われて返済先が保証会社に代わっても放置しておくと、保証会社は裁判所に競売を申立てます。この段階で保証会社からの通知が届く事は無くなり裁判所からの通知が届く事になります。

 

管轄の裁判所から届く通知は「担保不動産競売開始決定通知」と言って、債権者(保証会社等)が裁判所に競売を申し立て、裁判所がその申立てを受理した事を知らせる書類です。住宅ローンの返済を滞納してから約6~9ヶ月で自宅に届きます。

 

この「担保不動産競売開始決定通知」が届く前の段階で、不動産の登記簿謄本には差押の登記がされて第3者にも確認ができる状態になっています。そして、しばらくすると裁判所に「配当要求の終期公告」が出されて誰でも許可もなく閲覧する事が可能になります。

 

この通知が届いて約6か月後には競売が実施されて強制的に退去する事になってしまいます。

 

 

税金滞納は不動産と給与を差押さえられる可能性があります

税金を滞納してしまうと不動産を差押さえられます。また、給与を差押さえられる可能性もあります。

 

固定資産税・住民税等は、どのくらいの期間・滞納額で不動産が差し押さえられるかは市町村によって判断基準が違います。数十万円で差押さえる場合もあれば、数百万円での滞納で差押さえられるケースもあります。

 

国税に関しては厳しい対応で不動産に差押えをすると本税・延滞税を完全に納税されるまで解除することができません。

 

 

 

 

このような状況になっても諦めないで下さい

このように住宅ローン・税金を滞納してしまうと、金融機関・役所・裁判所から多くの通知が書面として自宅に届きます。

 

ご相談を頂く方によっては、度重なる通知・電話で精神的に疲弊してしまい封筒の中身を確認できなくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、このような状況になっても諦めないで下さい。まだ、自宅を守る方法・競売を回避する方法は残されています。

 

 

銀行・金融機関・保証会社から差押予告通知が届いたら相談下さい

金融機関から通知が届いているような早い段階であれば、リースバック等で自宅を守れる可能性も高まりますし、裁判所から通知が届いている時点でも状況によっては自宅を守る、又は競売を回避する事は可能です。

 

ただし、残された時間は多くありません。競売の入札期日の前日までに取下げをする事はできますが、債権者との交渉・協議に時間は必要ですし、法的措置を選択する場合においても直ちに着手できるとは限りません。

 

一番大切な事は諦めない事です。全てを諦めても新しい生活は始まります。その新しい生活を心機一転スタートするために諦めないで自ら行動を起こしてみてどうでしょうか。

 

住宅ローン返済・税金滞納問題で金融機関・役所・裁判所から通知が届いたらご相談下さい。

 

みずほ信用保証から通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

りそな保証から通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

三菱UFJ信用保証から通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

SMBC信用保証から通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

裁判所から競売開始決定通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

ぶぎん保証から代位弁済通知が届いた方は、こちらをご覧ください

 

 

希望退職・転職・リストラだ収入が減って住宅ローンが払えない

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

 

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

セール&リースバック

住宅ローンが払えない時は住み続けられるセール&リースバック

リスケジュール

住宅ローンが払えないときはリスケジュールで返済計画を見直し

事業再生コンサルタント

業績悪化・事業承継・企業再建は事業再生コンサルタントに相談

個人再生

住宅ローンが払えない時は個人民事再生・住宅ローン特例

リバースモーゲージ

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決

親族間売買

【任意売却】住宅ローンが払えない親族間売買で住み続ける

借換えコンサルタント

住宅ローン・事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画

任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却
住宅ローン・事業性ローン返済問題は諦めないでご相談下さい