無剰余で競売が取消し

2020年06月20日

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの相談・解決事例です。

自宅が競売を申し立てられた時に無剰余で取消される場合があります。

 

住宅ローン・事業資金返済でお悩み・不安を抱えている方は住宅ローン返済相談センター(ワイズエステート販売㈱運営 )にご相談下さい。住宅ローンの返済・事業資金の返済・税金滞納のお悩みを解決します

S様 自営業 70代 埼玉県在住

 

【ご相談内容】

 

S様は約30年前から建設業を営んでいました。平成の不況下でも家族・社員と一生懸命頑張ってきました。

 

会社経営は良い時もあれば悪い時もあります。その悪い時が少し長引き取引先の会社から自宅を競売にかけられてしまいました。

 

 

取引先A社から請求されていた数百万円は分割で支払っていましたが、業績が悪化して返済が滞る事が増えました。それによって取引先から自宅に抵当権を設定する事を求められたので応じて返済を継続していました。

 

 

しかし、予定していた仕事がキャンセルになり返済する事が不可能になってしまいました。

 

S様は取引先A社と交渉を重ねましたが「自宅を売却してでも返済してくれ」と言われた事で、

 

S様は「自ら売却する考えはないから競売でもかけてくれ」と言ってしまいました。

 

 

最後の話し合いから数か月後に取引先の代理人から自宅を競売にかけるという通知が届きました。

 

S様の自宅が競売を申し立てられたことは各取引先・金融機関に知られてしまったの仕事がキャンセルになり融資も停止されてしまいました。

 

 

【状況分析】

 

S様のご自宅の複数の抵当権が設定されていました。

 

1番抵当権者 金融機関 債務額 3,000万円

 

2番抵当権者 金融機関 債務額 1,500万円

 

3番抵当権者 A社    債務額    500万円

 

債務額 合計約5,000万円

 

 

上記内容の不動産に3番抵当権者が抵当権を実行して不動産競売を申立てました。

 

競売の手続きは進められましたが、ここで問題が起きました。

 

S様の自宅に裁判所から競売の取消しが記載されている書面が届きました。

 

 

競売の取消し理由は、裁判所の売却基準価格がS様の自宅に設定されている抵当権の債務額が大きく下回り競売を申し立てた3番抵当権者に配当が回らない事でした。言い方を変えると競売を実行しても申立人の利益が無く、競売をした意味がないものと判断されたという事です。これが競売の無剰余取消しです。

 

一旦は競売が取消しになったとはいえ、金融機関への返済は停止しているので放置しておけば1番抵当権者が抵当権を実行する事は確実でしたので、改めて各抵当権者に任意売却での不動産処分を提案して販売活動を開始しました。

 

 

競売の無剰余取消しによって、販売期間の余裕はできましたが遅延損害金等を考えれば早急に買主を探さなければならばい事には変わりはありませんでした。

 

【結果】

 

競売の無剰余取消しから1ヶ月経過したときに買主様と売買契約を締結して残金決済ができました。

 

3番抵当権者にも債務額全額ではありませんでしたが、数百万円を返済できることができました。

 

 

競売での不動産処分では返済不可能と判断されましたが、任意売却で不動産を売却する事でより多く返済することができました。

 

当初、S様は複数の不動産会社に不動産の売却相談をして高額の査定価格を提案され売却を検討しましたが、ご自身の債務状況を話すと担当営業では抵当権者の了解を得られないのではという懸念がありました。

 

 

引き渡し後、S様から「最初は競売をかけられてどうなるかと思ったけど、的確な判断と行動で精神的負担がなくなって助かったよ」と仰って頂きました。

 

複数の抵当権が設定されている不動産は珍しくありません。そのような不動産を売却する際事、債務額全額を完済して抵当権を抹消できれば難しい事ではありませんが全ての不動産がそうとは限りません。

 

 

ご自身が経済的に困難な状況になり不動産をやむを得なく売却する場合は不動産の権利状況が複雑になる事が多くなります。そのような状況になっても諦めないで下さい。必ず打開策・解決策はあるはずです。

 

 

【無剰余取消し】裁判所が不動産競売を取り消す場合もあります

まずは、悩み・不安をお聞かせください。

 

ご相談は、完全予約制になっていますので相談内容を聞かれることはありません。

 

遠方の方はお電話・LINEでのご相談で対応致します。

 

仕事で日中は電話でのご相談が難しい場合はLINEで日時の調整を行います。

 

ご面談をご希望の場合はご事情に合わせて日時・場所は調整致します。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

 

住宅ローン返済相談センターでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。

 

LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県
【任意売却】住宅ローン・事業性ローンの返済問題・埼玉県

住宅ローン・事業性ローン返済問題の支援方法

住宅ローン・事業資金返済の悩み・不安を解決するには、ご相談者の状況によって方法が異なります。早めの相談で複数の選択肢の中からか解決方法を選び希望通りの結果に繋がります。

【セール&リースバック】

自宅・倉庫・店舗を売却後も使用・居住し続けるリースバック

所有されている不動産を売却後も使用・居住できるセール&リースバック

【リスケジュール】

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談してリスケジュール

住宅ローンが払えない時は金融機関に相談して返済計画の見直しを

【事業再生コンサルタント】

業績悪化・廃業・倒産のご相談は事業再生コンサルタントが解決

業績悪化・事業継承は事業再生コンサルタントにご相談下さい

【個人再生】

住宅ローンが払えない時は個人再生の住宅ローン特則で自宅を守る

住宅ローンが払えない時は個人民事再生の住宅ローン特例で解決しませんか?

【リバースモーゲージ】

定年退職後の住宅ローン返済問題はリバースモーゲージで解決

老後破綻はリバースモーゲージで自宅を現金化して解決しませんか

【親族間売買】

自宅・工場・店舗の売却後も使用居住するなら親族間売買

住宅ローンが払えない時は親族間売買で住み続ける事もできます

【借換えコンサルタント】

業績悪化で資金繰りに苦しんでいる時は借換コンサルタント埼玉県

事業性ローンは借換えコンサルタントで返済計画見直しで生活・事業を再建

【任意売却】

失業・転職で住宅ローンが払えない場合は競売になる前に任意売却

転職・リストラ・倒産で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決しましょう

問合せ